PEG-200水添ヒマシ油(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

PEG-200水添ヒマシ油は、混ざり合いにくい成分を均一に混ぜ合わせるために使用されます。

 

PEG-200水添ヒマシ油の特徴

混ざり合いにくい成分を均一に混ぜ合わせるために使用されます。

同じような成分にPEG-10水添ヒマシ油~PEG-200水添ヒマシ油(数字は10、25,30、40、50、60、80、100、200などがあります)があり数字が大きくなるほど親水性が高くなります。

 

なお、化粧品や医薬品として使用される場合は、リポゾーム形成を通して、そのままでは皮膚に浸透しない成分を皮膚に浸透させる技術に応用されている場合があります。

 

分類:香料、洗浄剤、可溶化剤

英:PEG-200 Hydrogenated Castor Oil

 

PEG-200水添ヒマシ油の安全性

刺激が少なく、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において安全性に問題は無いと考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました