ホホバ種子油(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ホホバの種子から採れる液状のワックスで熱に強く、酸化安定性に優れています。

角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)、抗炎症作用も期待でき、サラッとした使用感で油っぽさがなく、皮膚になじみやすい特徴を持っています。

 

ホホバ種子油の特徴

ホホバの種子から採れる成分。植物性液体ロウ。

(植物油脂ではなくロウ:ワックスに分類されます。植物油脂が高級脂肪酸とグリセリンのエステルであるのに対して、ホホバ種子油の主成分は高級脂肪酸と不飽和アルコールとのエステルになります)

ホホバの種子から得られた液状ワックス(ロウ)は、ホホバオイルと呼ばれ、アメリカ先住民によって古くから食用油、火傷や傷、湿疹の治療、スキンケアやヘアケアに利用されてきています。

主な効用としては

・エモリエント作用

・抗炎症作用

が挙げられます。

エモリエント作用

角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)

サラッとした使用感で油っぽさがなく、皮膚になじみやすく、酸化に対して安定性があり、温度変化にも強いことから、シャンプー製品などばかりでなく、クリーム、乳液などのスキンケア化粧品、ボディケア製品などに幅広く使用されています。

抗炎症作用

ホバ種子油には古くから火傷や傷、湿疹の治療にも使用されてきましたし、最近の研究でも抗炎症作用が認められています。

エモリエント剤、研磨・スクラブ剤

 

ホホバ種子油の安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし-軽度
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・皮膚感作性(湿疹または接触皮膚炎を有している場合):ほとんどなし
・光毒性・光感作性:ほとんどなし

シャンプー製品などへの配合量や通常の使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました