ヒスチジン(シャンプー成分事典)

 

塩基性アミノ酸に分類されるアミノ酸で、髪の主要成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸の1つです。

天然保湿因子NMFの成分で、保湿作用や新陳代謝を促進する働きがあり、またヒスチジンを補うことで毛髪のパサつきの抑制、改善に効果があると考えられます。

髪の毛のダメージを抑えまとまりよくすることから、シャンプーやトリートメントに使用されます。

 

ヒスチジンの特徴

塩基性アミノ酸に分類されるアミノ酸です。

ヒスチジンは髪の主要成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸の1つで、ケラチン内の含有量は0.9%となっています。

主な機能としては、

・角質層水分量増加による保湿作用

・パサつき抑制による毛髪修復作用

があります。

 

天然保湿因子NMFの成分で、保湿作用や新陳代謝を促進する働きもあります。

また、毛髪のパサつきの原因は、主に加齢またはカラーやブリーチなどのダメージによる毛髪の損傷などによって引き起こされます。

見た目、パサつきのある毛髪は、健康な髪と比較してCMC構成成分であるアルギニンやヒスチジンが多く流出しています。

このためCMC構成成分、特にアルギニンやヒスチジンを補うことで毛髪のパサつきの抑制、改善に効果があると考えられます。

髪の毛のダメージを抑えまとまりよくすることから、シャンプーやトリートメントに使用されます。

毛髪の内部の構造

CMC(毛髪細胞膜複合体):髪を構成している細胞を接着させ、また水分や栄養の通り道、あるいは流出を防止するための膜になっています。

アルギニン(シャンプー成分事典)

ヒスチジンの安全性

・30年以上のの使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・光毒性:ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました