海塩(シャンプー成分事典)

塩 シャンプー成分事典

 

海水を乾燥させて得られる無機塩の混合物で、塩化ナトリウムのほか塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫化カルシウムなどのミネラル成分も含まれています。

シャンプーなどに配合される場合は、保湿作用やスクラブの目的で使用されます。

その他、ミネラルによる血行を促進する効果や、浸透圧の関係で水分が出やすくなるところから、むくみ解消(頭皮の引き締め)作用も期待されています。

 

海塩の特徴

海塩(かいえん)は海水を乾燥させて得られる無機塩の混合物です。

塩

いわゆる塩(塩化ナトリウム)のほか塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫化カルシウムなどのミネラル成分も含まれています。

シャンプーなどに配合される場合は

保湿作用やスクラブの目的で使用されます。

その他、ミネラルによる血行を促進する効果や、浸透圧の関係で水分が出やすくなるところから、むくみ解消(頭皮の引き締め)作用も期待されています。

 

注:スクラブ
物理的に古い角質を除去するための研磨剤の事を言い、海塩のミネラル組成は血液や細胞間液などヒトの体液組成と類似していることから人体との親和性が高く、また結晶も大きいことからスクラブ剤としてよく使われています。

 

海塩の安全性

・20年以上の使用実績
・皮膚刺激性:化粧品配合範囲内においてほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

いわゆる塩で食品や体内にもある成分ですから、シャンプーなどへの配合量や通常使用下において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました