チャ種子油(シャンプー成分事典)

 

お茶の実から得られる植物油(脂肪油)で、リノール酸、オレイン酸などが豊富に含まれ、高いエモリエント効果があります。さらっと軽いテクスチャーで肌(角層)への浸透性に優れています。

シャンプーなどに配合される場合は、頭皮を柔軟にし、エモリエント作用を与える為に使用されます。

 

チャ種子油の特徴

お茶の種子

お茶の実から得られる植物油(脂肪油)です。

お茶の実から抽出したチャ種子油にはリノール酸、オレイン酸などが豊富に含まれ、高いエモリエント効果があります。さらっと軽いテクスチャーで肌(角層)への浸透性に優れています。

シャンプーなどに配合される場合は、頭皮を柔軟にし、エモリエント作用を与える為に使用されます。

エモリエント作用:皮膚からの水分蒸散を防止してうるおいを保持し、皮膚を柔軟にする生理作用

 

英:Camellia Sinensis Seed Oil

 

チャ種子油の安全性

10年以上の使用実績があり、アレルギー性もほとんどありません。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました