コレステロール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

主に動物の組織内に広く存在する動物ステロールで、シャンプーなどに配合される場合は保湿作用、乳化安定、セラミドの安定化によるバリア機能の改善、有効成分の頭皮への吸収効果の向上などを目的に配合されます。

 

コレステロールの特徴

主に動物の組織内に広く存在する動物ステロールで、植物由来のステロールはフィトステロールと呼ばれます

ステロール(stero:別名ステロイドアルコール (steroid alcohol)) はステロイドの一種

シャンプーなどに配合される場合は

・保湿作用

・乳化安定

・セラミドの安定化によるバリア機能の改善

・有効成分の頭皮への吸収効果の向上

などを目的に配合されます。

 

分類:乳化安定剤、皮膚コンディショニング剤、非水系増粘剤

英:Cholesterol

 

コレステロールの安全性

化粧品などへの50年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました