トレハロース(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

高い保湿性や細胞保護作用が紫外線やシャンプーなどによって乾燥しがちな頭皮を守り、育毛環境を整えてくれることから、育毛剤にも配合されている成分です。

また、加齢臭などの原因になるノネナールをはじめとした揮発性アルデヒドの生成を抑制する作用があります。

 

トレハロースの特徴

海藻類、きのこ類などに含まれる糖質で、砂糖の半分程度の甘さがあります。

工業的にトウモロコシやジャガイモデンプンから生産されています。

また、トレハロースは、自然界において動植物、菌類、藻類、昆虫の血液などに広く存在している成分です。

昆虫では主に血糖として、微生物では細胞内糖質としてエネルギー源に利用され、また、外界の熱、乾燥、凍結、浸透圧などのストレスから細胞や生体を保護する作用があります。

 

シャンプーや化粧品以外では、デンプンの老化防止作用やタンパク質の変性を抑制する目的で、デンプン系食品、タンパク質系食品の品質保持や改善に用いられています。

また、苦みや臭みを抑えたり、整形しやすくする目的で医薬品添加剤として用いられています。

 

シャンプーなどに配合される目的は

・保水

・加齢臭抑制作用

・頭皮環境の改善

を目的として配合されます。

 

トレハロース分子はの構造が水分子と類似していることから高い水和力を有していることから、化粧品など様々な製品に配合されています。

また、加齢臭などの原因になるノネナールをはじめとした揮発性アルデヒドの生成を抑制する作用があります。

高い保湿性や細胞保護作用がシャンプーなどによって乾燥しがちな頭皮を守り、育毛環境を整えてくれることから、育毛剤にも配合されている成分です。

 

分類:香味剤、保水剤、皮膚コンディショニング剤

英:Trehalose

 

トレハロースの安全性

食品や医薬品にも使用されている成分で、20年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました