ヒトオリゴペプチド-1(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ヒトオリゴペプチド-1はEGF(Epidermal Growth Factor)と呼ばれる細胞再生因子(上皮細胞成長因子)のことです。

EGF(細胞再生因子)は人の細胞内に存在するペプチドの1種で、皮膚表面の受容体(EGFレセプター)と結びつき、新しい肌細胞の生産を促進したり

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等のタンパク質を作り出している肌にある幹細胞を増加させる動きがあります。

EGFにはターンオーバーを正常化し、肌の若々しさを保つ働きがありますが、年齢ともに体内から減少していくことがわかっています。

 

ヒトオリゴペプチド-1の特徴

ヒトオリゴペプチド-1は正式名称で、一般的にはEGF(Epidermal Growth Factor)と呼ばれる細胞再生因子(上皮細胞成長因子)のことです。

ただし、ヒトオリゴペプチド-1は旧名称で「ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1」という名称に変更されています。

53個のアミノ酸で形成された、人の細胞内に存在するペプチドの1種で、皮膚表面の受容体(EGFレセプター)と結びつき、新しい肌細胞の生産を促進したり

EGF(細胞再生因子)はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等のタンパク質を作り出している肌にある幹細胞を増加させる動きがあります

EGFにはターンオーバーを正常化し、肌の若々しさを保つ働きがありますが、年齢ともに体内から減少していくことがわかっています。

 

分類:皮膚コンディショニング剤

英:rh-Oligopeptide-1

 

ヒトオリゴペプチド-1の安全性

日本EGF協会の公開資料によると、毒性や刺激性はなく、アレルゲンとしての報告もありません。

日本EGF協会HP

ただし、現在のところ、長期的な安全性に関するデータはなく、詳細については不明です。

タイトルとURLをコピーしました