PG(プロピレングリコール)(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

PG(プロピレングリコール)は保湿作用があるほか、防腐剤として単独ではなく他の防腐剤と併用されることがあり、溶剤や製品を安定させる作用にも優れていることから、化粧品などにも広く使用されている成分です。

 

PG(プロピレングリコール)の特徴

保湿、保水、防腐、溶剤 などの目的で使用されます。

・PGには角層水分量増加による保湿作用があります。

・製品自体の水分を保留し、乳化系や可溶化系の安定性を保持する目的で配合されています。

・単独で防腐目的で用いられることはありませんが、他の防腐剤の配合量を減らすなど防腐補助を兼ねた保湿剤として使用されます。

・PGは水、エタノール、香料など極性物質の溶解性が高く溶解補助剤として用いられています。

 

分類:香料、保水剤、保湿・湿潤剤、皮膚コンディショニング剤、溶剤、減粘剤

英:Propylene Glycol

 

PG(プロピレングリコール)の安全性

50年以上の使用実績があり、規定の濃度以下での皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

石油から作られ、肌に刺激があると厚生省(当時)が認めた旧表示指定成分です。

規定の配合量以内で、一般的なシャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

ただし、高濃度で配合されている場合にはアレルギー反応が起きる可能性があります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました