乳酸桿菌/豆乳発酵液(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

豆乳を基質として乳酸桿菌により発酵した後、ろ過して得られる液です。

発酵により、豆乳に含まれる大豆イソフラボン(女性ホルモンに似た働きがある)の吸収性が高くなるほか、保湿効果があり、肌に弾力やハリをもたらすエイジングケア化粧品などにも使用されます。

 

乳酸桿菌/豆乳発酵液の特徴

豆乳を基質として乳酸桿菌 Lactobacillus により発酵した後、ろ過して得られる液です。

発酵により、豆乳に含まれる大豆イソフラボン(女性ホルモンに似た働きがある)の吸収性が高くなります。

保湿効果があり、肌に弾力やハリをもたらすエイジングケア化粧品などにも使用されます。

シャンプー、トリートメントなどヘアケア、化粧水、クリームなどスキンケア化粧品全般に使用されています。

 

分類:エモリエント剤、保湿・湿潤剤

英:Lactobacillus/Soymilk Ferment Filtrate

 

乳酸桿菌/豆乳発酵液の安全性

豆乳を発酵させたものであり安全性に問題は特にないと考えられますが、詳細は不明。

 

タイトルとURLをコピーしました