ステアリン酸PEG-55(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ステアリン酸PEG-55は、水に溶けやすくするための乳化剤として使用されます。

抗酸化作用があり、肌のターンオーバーを促進させる働きが期待できます。

また、水分と皮脂を乳化させ皮膜となるので保湿作用があり、さらに抗菌作用もあるとされるので頭皮ケアなどにへの効果も期待できます。

 

ステアリン酸PEG-55の特徴

非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)です。

水に溶けやすくするための乳化剤として使用されます。

抗酸化作用があり、肌のターンオーバーを促進させる働きが期待できます。

また、水分と皮脂を乳化させ皮膜となるので保湿作用があり、さらに抗菌作用もあるとされるので頭皮ケアなどにへの効果も期待できます。

 

乳化作用に優れているので、製品(数字)の特徴に応じたテクスチャーにすることが可能です。

「ステアリン酸PEG」の後についている数字は

2/10/25/40/45/55/75/100/150があり、数字が小さいほど親油性が強く、数字が大きくなるほど親水性が高くなります。

 

分類:洗浄剤

英:PEG-55 Stearate

 

ステアリン酸PEG-55の安全性

40年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどなしとされています。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました