ユズ果皮エキス(シャンプー成分事典)

 

ユズ果皮エキスはフレッシュで爽やかな天然の香り成分が含まれます。医薬品や漢方にも使われ、ユズの果皮に多く含まれるヘスペリジンは抗酸化作用をもち、体に害を及ぼす過剰な活性酸素を撃退するポリフェノールの一つであり、毛細血管拡張作用など、美容と健康に良い効果を与えます。

 

ユズ

ユズ果皮エキスの特徴

ユズ果皮エキスは、ユズの皮に含まれるエッセンスで、ユズの特徴的なフレッシュで爽やかな香りの天然の香り成分です。

ビタミンC、リモネン、βカロテン、へスぺリジンなどを含む柚子の皮から採れた精油で、ヘスペリジンの抗酸化作用や香りが特徴で、毛細血管拡張作用など美肌効果にも優れた作用を持ちます。

 

皮膚コンディショニング剤、香料

 

ヘスペリンについて

ヘスペリジンは「みかん」や「ゆず」などの柑橘類の皮に多く含まれるポリフェノールです。

血管系疾患、リウマチ、関節疾患の医薬品として利用されており、漢方でも生薬・陳皮(乾燥させたみかんの皮)の有効成分の1つです。

 

ヘスペリジンは抗酸化作用をもち、体に害を及ぼす過剰な活性酸素を撃退するポリフェノールの一つで、毛細血管拡張作用などもあり、美容と健康に良い効果を与えます。

お風呂の湯船にユズを浮かべるゆず湯もよく行われますが、やはりユズの皮には血行を良くして身体を温める成分が含まれていたのですね。

 

なお同じユズから抽出される成分でもユズの種子から抽出されるユズ種子エキスは化粧品などに配合され、皮膚の活性化、ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、コラーゲン産生促進による抗老化作用などの効果が期待されます。

また、ユズの果実から抽出されるユズ果実エキスは、化粧品などに配合され、収れん作用、皮膚柔軟化による保湿作用、皮膚刺激による血管拡張作用などの効果が期待されます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました