ジカプリン酸ネオペンチルグリコール(シャンプー成分事典)

 

ジカプリン酸ネオペンチルグリコールは低粘度でべたつきのない油性成分で、安定性に優れています。

少量で良く伸び、密着度が高いので、ヘアケア製品に使用することで、べたつきがなくまとまりの良い髪にし、保護剤として髪の表面を刺激から守り、油性エモリエント成分として使用されます。

育毛剤にも乳化剤や粘度調整、頭皮を乾燥から守る油剤として配合されています。

 

ジカプリン酸ネオペンチルグリコールの特徴

ヤシ油などに含まれているカプリン酸(脂肪酸の一種)と多価アルコールのネオペンチルグリコールをエステル結合して作られるジエステル。

医薬部外品原料にもなっている成分で、無臭で透明な油剤です。

 

ジカプリン酸ネオペンチルグリコールは低粘度でべたつきのない油性成分で、安定性に優れています。

少量で良く伸び、密着度が高いので、ヘアケア製品に使用することで、べたつきがなくまとまりの良い髪にし、保護剤として髪の表面を刺激から守り、油性エモリエント成分として使用されます。

育毛剤にも乳化剤や粘度調整、頭皮を乾燥から守る油剤として配合されています。

 

その他、乳化剤として水性成分と油性成分を混ぜ、安定させる働きがあるので、多くの化粧品にも配合されています。

また、粘度を高めるために配合されることもあります。

 

主な効能としては

・エモリエント作用

・感触改良

 

参 考

カプリン酸:脂肪酸の一種で、有機合成や、香料、潤滑剤、グリース、ゴム、染料、合成繊維、食品添加物、医薬品など各種化学工業で用いられる。

ネオペンチルグリコール:多価アルコールの一種、アルキッド樹脂塗料、ポリエステル樹脂、粉体塗料などに使用される。

ジエステル:分子内に2基のエステル結合を持つエステルのこと

エステル:有機化合物の官能基の名称の一つで、単にエステルと言えば、カルボン酸とアルコールの脱水縮合により得られる、化合物(カルボン酸エステル)をさすことが多い。

ネオペンチルグリコール:親水性と疎水性両方の性質を持った非イオン(ノニオン)界面活性剤で、イオン性がないため肌には浸透せず、界面活性剤の中では刺激が少なく、肌への影響もほとんどないとされている。

 

ジカプリン酸ネオペンチルグリコールの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性:ほとんどなし

植物由来の成分で刺激も少なく、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました