ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル(シャンプー成分事典)

 

乳化剤(親水性界面活性剤)として成分を均一に混ぜ合わせるために配合されます。

陰イオン界面活性剤と併用することで陰イオン界面活性剤(洗浄剤)の泡を増大させ、泡の弾性を向上させることからシャンプーなどの泡質向上のために配合されることもあります。

その他、エモリエント作用や、髪のキシミ感を緩和できる特徴があり、髪を洗う時のヌルつきをおさえる効果もあります。

 

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルの特徴

ヤシから得られた脂肪酸と、グリセリンに酸化エチレンを付加させたものの化合物。

油性成分との相性がよく、伸びの良い柔らかい感触を与えます。乳化機能を備えたエモリエント剤として、クレンジングやメイク品などにも多く配合されています。

また、髪のキシミ感を緩和できる特徴があり、髪を洗う時のヌルつきをおさえる効果もあります。

 

エモリエント剤、乳化剤

主な効能としては

・乳化
・陰イオン界面活性剤の泡の質向上
・クレンジング系の洗浄基剤

 

乳化

乳化剤(親水性界面活性剤)として成分を均一に混ぜ合わせるために配合されます。

 

陰イオン界面活性剤の泡の質向上

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル自体には起泡性はほとんどありませんが、陰イオン界面活性剤と併用することで陰イオン界面活性剤(洗浄剤)の泡を増大させ、泡の弾性を向上させることができます。

このためシャンプー、ボディソープなどによく使用されています。

 

クレンジング系の洗浄基剤

オイルを使用しないクレンジング製品(化粧品)などの洗浄剤として使用されており、この使用目的の場合は成分表示一覧の最初のほうに記載されます。

 

 

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルは、ノニオン系界面活性剤で、乳化剤、エモリエント剤、増粘剤としての働きがあり、シャンプー、トリートメントの他、クレンジング剤や化粧品に使用されます。

 

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルの安全性

・30年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・光感作性:ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました