グレープフルーツ果皮油(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

グレープフルーツ果皮油は香料として使われ、アロマとしてのリフレッシュ効果のほか、血行促進、収れん作用、皮膚コンディショニング、保湿効果が期待できることから、頭皮ケアにも良いと言われています。

 

グレープフルーツ果皮油の特徴

グレープフルーツ 果皮 油はグレープフルーツの果皮から抽出される油分で、主に血行促進、収れん作用、皮膚コンディショニング、保湿、香料として使用される成分です。

アロマとして使われることも有り、交感神経を活性化する働きにより、気分が落ち込んだ時などに嗅ぐことで、心を高揚感や幸福感をもたらし、リフレッシュする効果があると言われていて、シャンプーや化粧品に香料として配合されることも多いです。

 

また皮脂バランスを整える効果が有ることから、頭皮ケアにも良いといわれます。

その他、抗菌作用、殺菌作用もあります。

 

グレープフルーツ果皮油の安全性

グレープフルーツ果皮油の主要成分のリモネンには、光毒性があります。

光毒性とは、肌に直接塗った状態で、紫外線があたると、肌が焼けたようになる現象で、柑橘類系の成分によくある問題です。

 

もっとも、シャンプーや化粧品などに配合される場合、濃度が安全な範囲で抑えられていますから、光毒性についてそれほど気にする必要はないと考えられますが、刺激が強い成分ですので、肌に残留しないように注意した方がよいでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました