フィトスフィンゴシン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

フィトスフィンゴシンは、角質層(皮膚最外層)に存在する脂質の1つで、抗菌効果と抗炎症効果があります。

菌による頭皮の汚れを防ぎ、炎症を抑えることで頭皮状態を改善し、抜け毛防止効果やヘアサイクルの正常化効果が期待できるので、ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤として使用されます。

 

フィトスフィンゴシンの特徴

フィトスフィンゴシンは、角質層(皮膚最外層)に存在する脂質の1つ

皮膚バリアの主な成分として機能し。沈静化(赤く、傷ついた、炎症のある皮膚の外観を改善)、抗アクネ(ニキビ防止)、抗フケ、アンチエイジング作用に効果があり、様々な化粧品に用いられています。

主な効果

・皮膚の再生
・鎮静効果
・抗アクネ(アクネ菌はニキビの原因になる)
・抗炎症

ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤として使われる。

抗菌効果と抗炎症効果があり、菌による頭皮の汚れを防ぎ、炎症を抑えることで頭皮状態を改善し、抜け毛防止効果やヘアサイクルの正常化効果が期待できます。

 

フィトスフィンゴシンの安全性

・20年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました