スイカズラ花エキス(シャンプー成分事典)

スイカズラの花 シャンプー成分事典

 

スイカズラの花蕾から水、エタノール、BGで抽出して得られる抽出物で、湿疹、あせも、ただれに効き、美肌に効果があるとされており、古くから漢方薬や民間薬に用いられてきました。

成分にクロロゲン酸やサポニン等を含んでおり、効能としては、毛根を詰まらせる角栓の形成を抑制する作用、頭皮や髪の保湿作用、セラミド合成促進による頭皮のバリア機能改善などが期待されます。

 

スイカズラ花エキスの特徴

スイカズラの花

スイカズラ(学名:Lonicera japonica 英名:Japanese Honeysuckle)の花蕾から水、エタノール、BGで抽出して得られる抽出物(植物エキス)です。

スイカズラは、湿疹、あせも、ただれに効き、美肌に効果があるとされており、古くから漢方薬や民間薬に用いられてきました。

成分にクロロゲン酸やサポニン等を含んでいます。

 

効能としては

・毛根を詰まらせる角栓の形成を抑制する作用

・頭皮や髪の保湿作用

・セラミド合成促進による頭皮のバリア機能改善

 

その他、抗炎症作用、抗アレルギー作用、頭皮コンディショニング、収れん作用など

 

英:Lonicera Japonica (Honeysuckle) Flower Extract

 

スイカズラ花エキスの安全性

・20年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:詳細不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・光毒性:ほとんどなし
・光感作性:ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました