PEG-45M(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

粘度調節、乳化、潤滑性向上、泡の質向上に使われる成分で、水によく溶ける性質をもっており、水分蒸散を防ぎ、品質を保持する効果やとろみをつける効果などを目的に配合されます。

 

PEG-45Mの特徴

粘度調節、乳化、潤滑性向上、泡の質向上に使われる成分で、水によく溶ける性質をもっており、水分蒸散を防ぎ、品質を保持する効果やとろみをつける効果などを目的に配合されます。

結合剤、乳化安定剤、親水性増粘剤

PEG(ポリエチレングリコール)は化粧品などでよく使用される成分で、後ろについている数字は平均PEG数を記載(通常PEG-4~PEG160)

 

PEG-45Mの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました