水添ホスファチジルコリン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

動植物の細胞中に存在する生体膜の主要構成成分であるリン脂質を主成分とするホスファチジルコリン(レシチン)に水素を添加したレシチン誘導体(両性界面活性剤)です。

シャンプーなどに配合される場合は、乳化の目的、あるいはリポソーム形成することで通常は頭皮などに浸透しにくい成分を浸透させ、効果を促進する作用を期待して使用されます。

 

水添ホスファチジルコリンの特徴

自然界の動植物すべての細胞中に存在する生体膜の主要構成成分であるリン脂質を主成分とするホスファチジルコリン(レシチン)に水素を添加したレシチン誘導体(両性界面活性剤)です。

シャンプーなどに配合される場合は

・乳化

・リポソーム形成による効果促進作用

を期待して使用されていると考えられます。

 

注:乳化
性質の異なる液体を混ぜ合わせること

注:リポゾーム形成
医療分野において、そのままでは皮膚に浸透しない成分を脂質二重膜の親水性部分や脂肪酸鎖部分に充填・内包することで、安定性を保持したまま皮膚内へ浸透させるDDS(Drug Derivery System:ドラッグ輸送技術)とよばれる医療技術に応用されており、現在では化粧品などにおいてもその技術が応用されています。

合成界面活性剤、洗浄剤、乳化剤

 

英:Hydrogenated Phosphatidylcholine

 

水添ホスファチジルコリンの安全性

シャンプーへの配合や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました