キラヤ樹皮エキス(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

キラヤ科植物のシャボンノキの樹皮から水、エタノール、BG、などで抽出して得られる、サポニンを主要成分とした植物エキスです。

シャンプーなどに配合される場合は、起泡、乳化などの目的で使用されます。

キラヤ樹皮エキスは主成分がサポニンで親水性と親油性の両方の性質を有しており、攪拌するとセッケンのように泡立つことから、主に天然成分・植物成分や肌への優しさをうたっているシャンプー製品や洗顔料、洗顔石鹸、ボディソープ製品などの洗浄製品に使用されます。

 

キラヤ樹皮エキスの特徴

キラヤ科植物のシャボンノキ(学名:Quillaja saponaria 英名:Soap Bark Tree)の樹皮から水、エタノール、BG、などで抽出して得られる、サポニン(saponin)を主要成分とした植物エキスです。

シャンプーなどに配合される場合は

・起泡

・乳化

などの目的で使用されます。

 

キラヤ樹皮エキスは主成分がサポニンで親水性と親油性の両方の性質を有しており、攪拌するとセッケンのように泡立つことから、主に天然成分・植物成分や肌への優しさをうたっているシャンプー製品や洗顔料、洗顔石鹸、ボディソープ製品などの洗浄製品に使用されます。

参考:サポニン (saponin)
サボンソウをはじめとするさまざまな植物で見られる白色の粉末で、両親媒性(親水性、親油性の両方)を持つため、水に溶けると共に、攪拌すると石鹸のように泡が立つなどの界面活性様の作用を示します。

 

英:Quillaja Saponaria Bark Extract

 

キラヤ樹皮エキスの安全性

30年以上の使用実績がある天然の成分で有り、シャンプーへの配合量や通常の使用において、安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました