ラウロイルラクチレートNa(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。アミノ酸の一種である乳酸とラウリン酸とから得られる界面活性剤で、皮膚刺激が低い界面活性剤として化粧品にも広く使用されます。

シャンプーなどへは乳化を目的として配合されます。

 

ラウロイルラクチレートNaの特徴

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

アミノ酸の一種である乳酸とラウリン酸とから得られる界面活性剤で、皮膚刺激が低い界面活性剤として化粧品にも広く使用されます。

シャンプーなどへは乳化を目的として配合されます。

また、レシチンなどと組み合わせでセラミドのようなラメラ液晶構造を形成することができる界面活性剤でもあります。

 

分類:乳化剤

英:Sodium Lauroyl Lactylate

 

ラウロイルラクチレートNaの安全性

化粧品などへの40年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました