HARU kurokamiスカルプシャンプーの口コミを評価、解説してみました。

HARU kurokamiスカルプ アミノ酸シャンプー

 

HARU kurokamiスカルプシャンプーの口コミを評価、解説してみました。

ピント外れな口コミもあれば、なるほどという口コミもあり、あるいは成分などを解析したら、まあそうなるわなという口コミなどに対して、どうしてそうなるのか解説してみました。

HARU kurokamiスカルプシャンプーの私(管理者:宝実)の分析については下記の記事で解説しています。

HARU kurokamiスカルプシャンプーの良い口コミ

「頭皮トラブルが無くなった」「抜け毛が減った」「産後の抜け毛に悩んでいる時に出会って、それ以来ずっと使い続けています」

解説:HARU kurokamiスカルプシャンプーは、育毛や頭皮環境を改善するための成分が各種配合されているので、頭皮トラブルや、抜け毛の問題に効果が高いと思います。

 

「髪が癖なくするっとまとまる。これを使うようになってからストレートアイロンをほとんど使わなくなった。」
「髪のボリュームが出るようになった」

解説:くせ毛が出てくるのは頭皮環境の悪化で毛穴が変形したり、髪の毛が正常に発育できないことが影響します。HARU kurokamiスカルプシャンプーには頭皮環境を改善したり、育毛に効果のある成分が各種配合されていて、頭皮や毛穴の状態が改善することで、髪の生育がしっかり行われるようになったことが関係していると思います。

 

「柑橘系の天然アロマの香りに癒される」

解説:シャンプーの香りを気にする人が多く、たいがいのシャンプーでは合成香料を使用しています。ところが合成香料は頭皮への刺激があり、あまり好ましくないものです。HARU kurokamiスカルプシャンプーは天然の香料を使用しており、さらにリラックス効果のあるアロマ成分を使用しているので、ストレス解消にもそれなりの効果が期待できます。

ただし、天然の成分ですから合成香料のような強い香りに慣れていると、やや弱い香りと感じたり、香りが長続きしないというコメントもあります。

HARU kurokamiスカルプシャンプー

HARU kurokamiスカルプシャンプーの気になる悪い口コミ

「ダメージが多い私の髪の毛には保湿力が不足しバサバサになった。乾かしてる時も髪が引っかかり抜け毛が多かった。しばらく使い続けたが状況変わらず」

解説:HARU kurokamiスカルプシャンプーの特徴は、天然成分をメインに育毛成分が豊富に含まれていて、頭皮環境を改善することで、きれいな髪を目指すというもので、ダメージヘアーをカバーするようなコーティング成分的なものは、あまり含まれていないことから、ひどいダメージヘアーを修復する能力という点では足りなかったのだろうと思います。

 

「リンスやトリートメント必要ないとのことでしたが洗ったあと、髪がパサパサになる」

解説:前の口コミと同じような内容ですが、アミノ酸系のシャンプーとしては標準的な洗浄成分ですから、バサバサになるとは考えにくいのですが、この手の口コミが結構あるようです。

アミノ酸系のシャンプーに慣れておらず、静電気やゴワつきが気になる場合がある場合があるのと、一般のコンディショナーに含まれるシリコンでコーティングされた髪質に慣れているせいなのか、あるいは、洗浄力がマイルドな分、ていねいに洗いすぎて、脂分を取り過ぎた可能性も考えられます。

 

「使い続けると頭皮が臭くなる」

解説:この手の口コミが意外と多かったのでちょっと驚きました。HARU kurokamiスカルプシャンプーはオーソドックスなアミノ酸系の洗浄成分(洗浄力はマイルドですが頭皮へのダメージは抑えられる)を使用しているので、市販のシャンプーに多い高級アルコール系のシャンプーに比べると洗浄力は確かに落ちます。

また、天然の育毛成分を多用していることも影響しているのかもしれません。高級アルコール系の強力な洗浄力に慣れている人だと、アミノ酸系シャンプーを使う場合の注意事項を守って、ていねいに髪を洗うよう意識する必要があるかもしれません。

 

「このシャンプーを使用始めてからの抜け毛がすごくて使うのをやめました」

解説:成分的には悪いものは入っていないのでちょっと原因は不明です。体質に合わなかったのかもしれませんが、頭皮環境が改善されて髪の成長サイクルがリセットされた可能性もあります。

これは、発毛剤のミノキシジルを使った際にも観察されていることですが、髪の成長サイクルがリセットされることで、退行期の髪がいったん抜けた後、新しい毛髪が生えてくる前段階なのではとちょっと考えましたが、根拠のある話ではありません。

毛周期(毛髪サイクル)

 

「洗った後、脂っぽいというか、ぺたつきを感じた」

解説:アミノ酸系のシャンプーは、適度に皮脂を残すことで、シリコンなどのコーティング剤を使わなくても良くしたものですから、高級アルコール系のきれいさっぱり皮脂を洗い流してしまう感覚に慣れていると、あえて残している皮脂を脂っぽいとか、べたつきと感じるかもしれません。

HARU kurokamiスカルプシャンプー

 

HARU kurokamiスカルプシャンプーのその他の口コミ

「オールインワンシャンプーを初めて使いました。髪のダメージやパサつきが気になる時は、毛先にだけトリートメントやコンディショナーを使用するようにしています」

解説:HARU kurokamiスカルプシャンプーはオールインシャンプーでは無くて、アミノ酸シャンプーなのでリンスやコンディショナーはいりません。もちろん、髪のダメージがひどくバサバサの場合は別途、コンディショナーなどを使うことは問題ありません。

ちなみにいわゆるオールインワンシャンプーと呼ばれるものは、成分の中にコーティング剤になるものが最初から配合されています。

 

「泡立ちが良い」「泡立ちが悪い」

解説:両方の矛盾するコメントが結構あります。アミノ酸系のシャンプーに慣れている人だと、そこそこの泡立ちがあると感じ、高級アルコール系のシャンプーに慣れている人だと、泡立ちが悪いと感じると思います。

 

公式サイトを見てみる
haru黒髪スカルプ・プロ

 

まとめ

HARU kurokamiスカルプシャンプーは結構名前が売れているせいか、普段アミノ酸系のシャンプーを使っていない人が、使用することが多いのかもしれません。コメントを見ても、高級アルコール系のシャンプーに慣れている人じゃないかという口コミが多かったように感じます。

 

高級アルコール系のシャンプーは、洗浄力が強力で、髪や頭皮の皮脂をガッツリ洗い流してしまうために、髪をコーティングするためのシリコンや、ポリマー系の成分がしっかり配合されています。

一方、アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力を抑えることで、適度に本来のコーティング剤とも言える皮脂を残すことで、コーティング成分の使用を最小限にしているシャンプーでもあります。

 

このため、アミノ酸系のシャンプーに慣れていない人だと、違和感を感じたり、使い方が少しずれていたりする可能性があります。
(アミノ酸系のシャンプーを使う場合、慣れやちょっとしたコツが必要になってきます)

HARU kurokamiスカルプシャンプーには天然の育毛成分や頭皮環境の改善に効果が期待できる成分がしっかり配合されているので、このあたりの使い方を間違えなければ、スカルプシャンプーとしては、かなり良質なシャンプーなのになあって思います。

 

公式サイトを見てみる
haru黒髪スカルプ・プロ

 

タイトルとURLをコピーしました