オーロラシャンプーに含まれている育毛成分を解説

アミノ酸シャンプー

オーロラシャンプーは、バレリーナが髪を酷使して髪の生え際が後退する悩みを解決する対策として開発されたアミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系の頭皮に優しい低刺激の洗浄成分を使用しているほか、育毛成分がしっかりと配合されていることが、オーロラシャンプーの大きな特徴です。

オーロラシャンプーにはどのような育毛成分が配合されていて、どのような効果が期待出来るのかについて解説します。

オーロラシャンプー

ミノキシジル類似成分の配合

オーロラシャンプーには、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドが配合されています。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドって言っても多くの人は何のことか分からないかと思いますが

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは育毛剤として有名なミノキシジルと類似した化学構造の成分です。

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは血行を促進し、毛母細胞へ酸素や栄養分をしっかり補給することで毛髪の成長を助けるはたらきがあります。

しかも、ミノキシジルの分子構造をわずかに変更し副作用を抑え、毛根などへ働きかける作用はミノキシジルと同等で、しかも吸収されやすいという特徴があります。

 

ただし、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドには男性ホルモンに作用する働きは無く、女性の薄毛には効きやすいものの、男性の場合は効果が出にくい場合があります。

また、ミノキシジルにある成長因子を分泌を促進させる効果はないことから、医薬品・医薬部外品の成分としては認められておらず、化粧品の成分として認定されています。

ですから、育毛効果が有ると明確には言えないのですが、頭皮や毛母細胞を活性化させ、毛髪に良い影響を与える効果が期待できます。



オーロラシャンプーにキャピキシルは配合されてないんじゃないの

オーロラシャンプーの成分をチェックしてもどこにもキャピキシルっていう成分名は出てきません。

オーロラシャンプーの全成分解説

でも、オーロラシャンプーの成分を解説しているサイトによってはキャピキシルが入っているような書きぶりのものも有ります。これはいったいどういう事なのでしょう。

 

キャピキシルというのは、カナダの化粧品開発会社で開発された育毛成分で

メインの成分はアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3

厳密に言うとキャピキシルが配合されているのではなく、キャピキシルの主要成分である

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3がオーロラシャンプーに配合されていることになります。

アカツメクサ
アカツメクサ

 

それぞれの成分の働きは

アセチルテトラペプチド-3は毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。

アセチルテトラペプチド-3(シャンプー成分辞典)

 

アカツメクサ花エキスはAGA(男性型脱毛症)の原因となる5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する働きがあることや、

女性ホルモン様の働きをするイソフラボンが豊富に含まれていることから、多くの育毛剤に使用されている成分です。

アカツメクサ花エキス(シャンプー成分辞典)



その他の有効成分

オーロラシャンプーには育毛剤に配合しても良い様な上記の成分が含まれていますが、そのほかにも頭皮や毛根を活性化させる成分が多数配合されています。

フルボ酸エキス

フルボ酸はもともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、太古の植物や海洋性生物などが堆積した、腐植土から分離し抽出されます。

キレート作用により有害なミネラルを排出し、有用なミネラルの吸収を高める効能があります。

フルボ酸(シャンプー成分辞典)

 

その他の成分

オーロラシャンプーにはそのほかにも、

白金、セラミド、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、カミツレ花エキス、ビワ葉エキス、イノシトール、リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキスなど多数の頭皮をいたわり、毛根などをケアする成分が含まれています。

オーロラシャンプーの全成分解説

バレリーナ

まとめ

オーロラシャンプーは元々髪をおだんごにしてきつく縛るというような髪を酷使し髪の生え際の後退などに悩まされるバレリーナのために開発されたシャンプーなので

育毛成分や頭皮の環境を整える成分が贅沢に使用されています。

また、髪や頭皮に与えるダメージを最小限にするために、アミノ酸系の刺激の少ない洗浄剤を使用しているほか、人工香料も一切使っていないシャンプーになります。

オーロラシャンプー公式サイト

生え際、頭皮に悩むバレリーナのために開発!美髪シャンプー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました