塩化Na(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

いわゆる塩の成分です。陰イオン界面活性剤(洗浄成分)の水溶液に塩化Naを加えると粘度が増大するほか、乳化物の安定性を高め、溶液に溶けない成分を溶液中で均一に安定させるために使用されます。

 

塩化Naの特徴

いわゆる塩です。もっとも、塩・食塩は塩化ナトリウムを主成分としながら様々なミネラルを含んだものであり、純粋な塩化Na(塩化ナトリウム)とは異なります。

塩化Naを配合する理由としては

・増粘調整

・乳化、懸濁安定化

が挙げられます。

増粘調整

陰イオン界面活性剤(洗浄成分)の水溶液に塩化Naを加えると粘度が増大します。

このためシャンプー、ボディソープ、洗顔料、クレンジング、ハンドソープなど洗浄系製品に広く使用されています。

 

乳化、懸濁安定化

乳化物の安定性を高める目的でリキッドファンデーション、アイシャドー、マスカラ、チーク、コンシーラー、乳液、フェイスクリームなどに配合されています。

懸濁安定化:溶液中に含まれる溶液に溶けない成分が均一に分散した状態を長期間保持する作用。

 

塩化Naの安全性

・50年以上の使用実績
・皮膚刺激性:シャンプーなどへの配合範囲内においてほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました