バニラ果実油(シャンプー成分事典)

 

バニラ果実油はバニラの果実から得られる油脂でアロマオイルとしても使用され、肌や頭皮にエモリエント効果を与えてくれます。

シャンプーに使われる場合はエモリエント作用よりも天然の香料としての意味合いが大きいでしょう。

 

バニラ果実油の特徴

バニラと言えばアイスクリームなどでおなじみだと思います。

バニラ果実油はバニラの果実から得られる油脂で、肌や頭皮にエモリエント効果を与えてくれます。

アロマオイルとしても使用され、アロマとしての効能は怒りやフラストレーション、緊張を和らげ、幸せな気分にしてくれます。不眠症にも効果的で芳香浴がメインの精油です。強壮作用、鎮静作用があり、やさしく月経を促進する働きもあると言われています。

 

甘い芳香から菓子類の風味づけによく利用され、芳香成分としてバニリンやリナロールが含まれます。

天然の香料として使用される場合も有ります。

 

バニラ果実油の安全性

 

食品にも使われる成分で、頭皮などへの悪影響は報告されておらずシャンプーなどへの配合量や通常の使用において安全性に問題のない成分と考えられますが、天然成分ですから、ごくまれに体質的に合わない可能性があるかもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました