マイカ(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

マイカとは雲母のことで化粧品の体質顔料として光学的性質の改善のためなどによく使われます。薄くて表面が滑らかな性質を利用して、伸び、ツヤ、すべり、透明性の付与による感触改良や、粉体基材を目的に使用されることがあります。

また、マイカの表面に酸化チタンを被覆することで、パール光沢を得る事が出来きることから酸化チタンが一緒に配合されている場合は、パール顔料として使用されているものと考えられます。

 

マイカの特徴

マイカは雲母の英語名で天然に産する含水ケイ酸アルミニウムカリウムの淡灰色無機粉末です。

化粧品の体質顔料としてよく使われます。

 

体質顔料:塗料、絵の具、顔料などをつくるとき配合する、無彩色の顔料。展色剤中に増量剤として加えるほか、流動性、強度あるいは光学的性質の改善のために用いられる。

体質顔料のほか

・感触改良

・粉体基材

・パール光沢付与

などの目的で使用されます。

 

マイカ粉体の薄くて表面が滑らかな性質を利用して、伸び、ツヤ、すべり、透明性の付与による感触改良や、粉体基材を目的に使用されることがあります。

パール光沢付与に関しては、マイカ単独ではパール光沢は得られず、マイカの表面に酸化チタンを被覆することで、パール光沢を得る事が出来き、パール顔料として広く使用されています。

注:化粧品成分表示名称一覧には「マイカ、酸化チタン」と記載されます。

 

マイカの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました