ローズマリー葉エキス(シャンプー成分事典)

 

ローズマリーは昔から若さを取り戻すハーブとして知られており血液循環を促進する効果があります。

そのほかにも、抗酸化作用、抗炎症作用および抗アレルギー作用、抗菌作用、抗老化作用があるばかりでなくパーマ、ブリーチ、カラーリングなどの化学処理された頭髪の抗酸化的な損傷抑制作用も認められています。

 

ローズマリー葉エキスの特徴

シソ科の植物ローズマリーの葉から水、エタノール、BG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

ローズマリーは昔から「若さを取り戻すハーブ」あるいは「記憶力を増強するハーブ」として知られています。

医薬分野では、ローズマリーは強壮ハーブであり血液循環を促進する効果があります。

 

主な効能としては 得オーズマリー葉エキス

・抗酸化作用
・抗炎症作用および抗アレルギー作用
・抗菌作用
・血流促進作用
・色素沈着抑制作用
・抗老化作用(アンチエイジング作用)

 

また、ローズマリー葉エキスに含まれるロスマリン酸にパーマ、ブリーチ、カラーリングなどの化学処理された頭髪の抗酸化的な損傷抑制作用も認められており、ヘアケア製品、頭皮ケア製品にも使用されます。

ローズマリー葉エキスの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作(アレルギー):報告なし

シャンプーなどに配合されている量や通常の使用において安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました