ヒドロキシプロピルデンプンリン酸(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

一般的には化粧品などの感触向上剤として使われる、植物ベースまたは合成デンプン成分です。

油性成分と水性成分を混ぜる乳化剤として、洗顔剤やシャンプー、リンス、トリートメント、スタイリング剤などにも使用され、界面活性剤および乳化剤として機能するため、髪になめらかなビロードのような感触を与えます。

 

ヒドロキシプロピルデンプンリン酸の特徴

化粧品などの感触向上剤として使われる、植物ベースまたは合成デンプン成分です。用途としては親水性増粘剤、増量剤、安定剤

界面活性剤および乳化剤として機能するため、化粧品や美容製品に使用される天然由来の糖です。髪にやさしく、なめらかなビロードのような感触を与えるため、ヘア製品によく使われます。

油性成分と水性成分を混ぜる乳化剤として、洗顔剤やシャンプー、リンス、トリートメント、スタイリング剤などに使用されます。

さらに、クリーミー感を出し使用感を向上させるために、乳液やクリームなどにも配合されます。

分類:増量剤、親水性増粘剤

英:Hydroxypropyl Starch Phosphate

ヒドロキシプロピルデンプンリン酸の安全性

一種のデンプンですから、安全性は高いと考えられます。ただし、吸着力が強いため、肌に付着すると毛穴に入り込んだり、炎症を起こしやすくなったりするといわれています。

もっとも、シャンプーなど、洗い流すような製品で使用される場合は、規定の濃度で使用される限り安全性に問題はないと考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました