セイヨウハッカ油(シャンプー成分事典)

 

シソ科植物セイヨウハッカ(ミント、ペパーミント)の葉から抽出して得られるエキスです。

ペパーミントの爽快なメントールの香りは中枢神経を刺激して血管を拡張させ、知覚神経終末を刺激することで眠気を吹き飛ばし、脳の働きを活性化するほか冷感作用と鎮静作用を発揮すると考えられています。

シャンプーに配合される場合は、収れん作用、鎮静作用、冷感(清涼感)作用、抗菌作用、香料として使用されます。

 

セイヨウハッカ油の特徴

セイヨウハッカ(ミント)

シソ科植物セイヨウハッカ(ミント、ペパーミント)の葉から抽出して得られるエキスです。

ペパーミントの爽快なメントールの香りは中枢神経を刺激して血管を拡張させ、知覚神経終末を刺激することで眠気を吹き飛ばし、脳の働きを活性化するほか冷感作用と鎮静作用を発揮すると考えられています。

 

シャンプーに配合される場合は、

収れん作用
鎮静作用
冷感(清涼感)作用
抗菌作用
香料

として使用されます。

 

成分としてはメントール、メントン、シネオール

飲みものや料理に風味を加えるためにも広く使われています。

民間療法で、消化不良やIBS(過敏性腸症候群)など、消化器官の問題の緩和に使用されています。

ペパーミントは頭皮や肌に塗布すると冷却作用を発揮します。

アロマとして、鎮痛や精神的な疲労の緩和の効果が期待できます。

 

セイヨウハッカ油の安全性

・皮膚刺激性:はほとんどなし
・眼刺激性は:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):報告なし

シャンプーへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました