パンテノール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

パンテノールは水溶性のビタミンで薬用育毛剤として厚労省にも認められている成分です。

保湿、細胞組織修復促進、頭皮を滑らかにする、抗炎症作用があり、髪のハリ、コシの改善にも効果が有ります。

 

パンテノールの特徴

パンテノールは、水溶性のビタミンで、ビタミンB群のひとつとしても知られ、「プロビタミンB5」とも呼ばれています。

パンテノールの作用は主に4つあります。

・保湿

・細胞組織修復促進

・頭皮を滑らかにする

・抗炎症作用

体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分で抜け毛や白髪予防など多くの働きがあり新陳代謝を活発する目的で配合されます。

髪のハリ、コシの改善にも効果が有ります。

 

育毛剤にも配合されており、細胞分裂の活性化や保湿作用から、新陳代謝を高め頭皮環境を改善することが期待されています。

新陳代謝を促し、頭皮などの保湿力を改善するとされ、化粧品にもよく使用されています。

 

皮膚を細胞から活性化することでかゆみやひび割れ、あかぎれが起こりにくい皮膚にすることから、医薬品にも配合されています。

 

パンテノールは医薬部外品・薬用育毛剤として厚労省にも認められています。

厚労省HP(毛髪用薬(発毛,養毛,ふけ,かゆみ止め用薬等)資料 4-39)

 

パンテノールの安全性

ビタミンB群の一つであり、欧米では古くから皮膚疾患の治療に使用しており、シャンプーなど、洗い流すことを前提に作られている製品へ使用する場合、安全性に問題のない成分と考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました