エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー(シャンプー事典)

 

エティークシャンプー はethicame(エシカミー)が販売している固形シャンプーです。

この記事では、エティークシャンプーの中の「スイート&スパイシー」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

エティークシャンプーは固形シャンプーなので「シャンプーバー」という呼び方をしています。

 

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシーの販売会社さんのウリ

・ココナッツオイル(ヤシ油)、カカオバター(カカオ脂)が髪と頭皮をやさしく洗い上げ、シナモン(カシア樹皮)、ジンジャー(ショウガ根)が髪にハリ・コシを与えます。

・スパイシーオレンジの香り

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー、宝実の分析

エティークシャンプーバーシリーズは、マイルドな洗浄成分を使い、髪をカバーする成分を配合することで、ノンシリコンシャンプーですがキシキシしないのが特徴

その中でもスイート&スパイシーの特徴的な成分としては、スイートオレンジ油、硫酸Mg(エプソムソルト)、カシア樹皮、ショウガ根が挙げられます。

これらの成分はいずれも頭皮の血行を良くすることで毛根や頭皮の環境を改善し、結果的に髪を美しくするのに貢献する事になります。

 

エティークシャンプーバーの種類は?違いと選び方

 

 

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシーの位置づけ

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー宝実の総合評価

エティークシャンプーバーシリーズは固形のシャンプーにすることで、プラ容器をなくし、また、生分解性に優れた成分を使う事で地球環境に優しい製品であることが特徴です。

エティークシャンプーバーの中でスイート&スパイシーは、販売会社さんのウリとしては「髪にハリとこしを与える」となっています。

 

とはいうものの、直接的に髪にハリとこしを与える成分というものは特段見当たりません。

なんですが、スイート&スパイシーに特徴的な成分のスイートオレンジ油、硫酸Mg(エプソムソルト)、カシア樹皮、ショウガ根は、頭皮環境を改善し、髪そのものの質を改善する成分が配合されている点はオススメポイントとなると思います。

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシーの全成分解説

エティーク シャンプー バー スイート&スパイシー

ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油から得られる脂肪酸とイセチオン酸Naを結合して得られる洗浄成分です。

石鹸の質を改良する洗浄剤として開発され、石鹸に近い豊かでクリーミィな泡立ちが得られ、マイルドでしっとりとなめらかな感触の洗い上がりとなるのが特徴

脱脂力が比較的弱い(=刺激が少ない)が皮膚や毛髪に対して保湿効果もあります。

生分解性が良く自然環境にも優しい洗浄成分です。

 

ココアルキル硫酸Na

ラウリル硫酸Naと同系統(硫酸系)の洗浄成分で、洗浄力が高く、使用感の良い洗浄成分ですが洗浄剤の電荷が強く敏感肌には刺激になりやすく、分子が小さく残留性も高いので最近は避けられる傾向のある洗浄成分。

ラウリル硫酸Naよりは低刺激ですが硫酸Na系統ですから、頭皮トラブルがあるような人であれば、使用は控えた方が良いかも知れません。

この他の洗浄成分が刺激や洗浄力においてマイルドなものを使用している分、どうしても、洗浄力強化のために、この成分を取り入れざるをえなかったのかもしれません。

 

デシルグルコシド

デシルグルコシドは、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有した洗浄成分で、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

洗浄力を低下させる金属石鹸を分散する機能に優れ、硬水中でも使用でき、皮膚への刺激、目への刺激も低く、生分解性も高く赤ちゃん向けの製品に使用されることもある成分です。

エティーク シャンプー バー

 

ステアリン酸

ステアリン酸は動物、植物の脂肪に豊富な飽和脂肪酸(高級脂肪酸)の一種です。

ステアリン酸を配合することで、脂肪酸が補充され肌のバリア機能の改善に役立つほか、親油性と親水性両方を持ち、天然の乳化剤として乳液やクリームの伸びや固さを調整し、安定性を向上させるために感触改良剤として配合されます。

 

カカオ脂

カカオの種子から採れる植物油脂です。シャンプーなどに配合される場合は頭皮を保護してエモリエント作用を得る効果のほか、髪に潤いを与えて柔らかな手触りに仕上げ、ダメージヘアのコンディションを整えることにも効果が期待できます。

 

ステアリルアルコール

パーム油から作られる高級アルコールの一種です。アルコールと表示されていますが、一緒にエチルアルコールが配合されていなければ、アルコールフリー製品に分類されます。

乳化補助、感触改良などの目的でコンディショナーや、洗浄製品、ヘアケア製品、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品などに幅広く使用されています。

 

ヤシ油

シャンプーに配合される場合は、セッケンの合成目的(材料)として配合されるほか感触改良の目的で配合されます。

セッケン合成の場合は水酸化Naまたは水酸化Kと一緒に配合されます。

ヤシ油は融点が20-28℃と室温と同様であるため、適度な硬さが調節できる柔らかく感触の良い油性基剤として感触改良材としても使われ、シャンプー以外の化粧品にも幅広く使用されます。

椰子の木

 

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

 

乳酸

PH調整剤です。

 

セタノール

高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

トリートメント / コンディショナーなどに使用される場合は、乳化補助、感触改良などの目的で使用され、乳化物を安定させるとともに粘度を上げ、また、適度にエモリエント性があり、毛髪に滑らかさと肌ざわりの良い感触を付与します。

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあり、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有ります。

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

グリセリンに中級脂肪酸(中鎖脂肪酸)の一種であるカプリル酸とカプリン酸を結合したグリセリン脂肪酸エステルです。

天然の油脂よりも軽い感触であり、酸化安定性に優れており、皮膚をなめらかにしたり、うるおいを保つ働きがある油性原料です。

シャンプーなどに配合される場合は、エモリエント作用、感触改良のほか、分散(粒子状の成分を均一に混ぜる)などの目的のために使用されます。

 

スイートオレンジ油

スイートオレンジ(Citrus sinensis)の皮から採集されるオイルです。

頭皮のケアにも有効で炎症を抑え、乾燥肌の保湿にも効果が有り、フケを抑えると言われていてコラーゲン生成促進作用や血行促進作用があるので、エイジングケアにも向いています。

また、血行促進、抗菌、保湿作用があるので頭皮環境が整い育毛が期待できるとして、育毛シャンプーや育毛剤に使用されています。

アロマや香料としても使用され、シトラス調のコロンの香りには不可欠な成分です。

 

ベヘントリモニウムメトサルフェート

帯電防止剤ですが高級アルコールのセタノールまたはセテアリルアルコールなどと併用して使用することで毛髪のコンディショニング効果が相乗的に向上し、毛髪のからみを効果的に除去し、滑らかさと輝きを付与し、キューティクルの損傷を修復する目的で主にコンディショナーや、トリートメントなどに配合されます。

 

硫酸Mg

硫酸のマグネシウム塩です。エプソムソルトとも呼ばれています。

シャンプーに配合される場合は洗浄剤の増粘剤(粘りけを出す)として使用されます。

保温効果があり、身体を内側から温めて血行を促進する効果があるので、入浴剤の有効成分としてよく使用されています。

入浴剤として、あるいは頭皮をマッサージする場合に使用されることもあります。硫酸Mgには血行促進、デトックス効果も期待できるため、毛根を活性化させ、頭皮の老化を防ぐ効果が有るという人もいます。

硫酸Mg(シャンプー成分事典)

 

カシア樹皮

クスノキ科の常緑高木の樹皮を乾燥させたもので、日本ではカシアもシナモンもどちらも、昔はニッキと呼ばれ親しまれてきました。

血液の循環を促すほか抗菌効果も有りますが、シャンプーに使用される場合は主に、香料として配合されていると考えられます。

カシア樹皮(シャンプー成分事典)

 

ショウガ根

ショウガ根茎エキスはショウガの根茎から抽出して得られるエキスです。

ショウガは健康食品として血管拡張作用や殺菌作用、健胃効果、抗炎症作用があることが知られていますが

ショウガ根茎エキスには育毛効果があることから育毛剤や育毛シャンプーにも使用されるほか、血行促進作用、色素沈着抑制作用、抗老化作用(アンチエイジング作用)などが期待されます。

ショウガ根茎エキス(シャンプー成分事典)

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました