プロリン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

中性アミノ酸のイミノ酸に分類される水溶性アミノ酸で、髪の主要成分であるケラチンの内6.7%がプロリンです。

主な機能としては角質層水分量増加による保湿作用が期待され、ヘアケア製品には頭皮や髪のコンディションを整える目的で使用されます。

プロリンの特徴

中性アミノ酸のイミノ酸に分類される水溶性アミノ酸です。

プロリンは髪の主要成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸の1つであり、ケラチンの内6.7%がプロリンです。

 

医療分野において水分や電解質などを点滴により投与するための輸液賭して使用されており、食品としてはアミノ酸バランスを改善した栄養強化食品などに使用されています。

 

主な機能としては角質層水分量増加による保湿作用が期待されます。

ヘアケア製品には頭皮や髪のコンディションを整える目的で使用されます。

 

プロリンの安全性

・30年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

医薬品や食品にも使用されている成分であり、しゃんぷーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました