グルタミン酸(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

グルタミン酸は酸性アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸で、髪の主な成分であるケラチンのうち13.8%がグルタミン酸です。

保湿作用が有りシャンプーなどに配合される場合は、頭皮環境の改善が期待されます。

 

グルタミン酸の特徴

酸性アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸です。

髪の主な成分であるケラチンのうち13.8%がグルタミン酸です。

グルタミン酸といえば「味の素」?食品などでも有名です。

 

化粧品などに配合される場合は、角質層水分量増加による保湿作用が期待されます。

シャンプーなどに配合される場合は、頭皮環境の改善が期待されます。

 

分類:ヘアコンディショニング剤、保湿・湿潤剤、皮膚コンディショニング剤

英:Glutamic Acid

 

グルタミン酸の安全性

30年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

食品などにも使用されており、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました