プロパンジオール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

プロパンジオールは、角層水分量増加による保湿作用、あるいは抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されます。

髪をしっとりさせ、柔らかく軽い感触が得られます。また、アルコールの一種なので、さらさら感や軽さを生み出します。

また、フケの防止、頭皮のコンディショニング、髪質の向上などの効果も期待できます。

 

プロパンジオールの特徴

糖を発酵させて得られるさっぱりした感触と抗菌性を有する多価アルコール(二価アルコール:グリコール)で、抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

角層水分量増加による保湿作用用あるいは抗菌・防腐による製品安定化剤のために使用されます。

 

髪をしっとりさせ、柔らかく軽い感触が得られます。また、プロパンジオールはアルコールの一種なので、さらさら感や軽さを生み出します。

その他、フケの防止、頭皮のコンディショニング、髪質の向上などの効果も期待できます。

 

多価アルコール:分子中に2個以上のヒドロキシル基をもつアルコール.水によく溶け皮膚になじみやすい液状の物質で、化粧品の保湿剤として広く用いられている。

 

分類:溶剤、減粘剤

英:Propanediol

 

プロパンジオールの安全性

10年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました