ジメチコン(シャンプー成分事典)

 

代表的なシリコン剤で、髪をコーティングし、サラッとした質感にする事が出来ます。

多くのシャンプーやコンディショナーなどに使用されています。

 

ジメチコン

最も代表的なシリコン剤です。

ジメチコンは、化粧品でもよく知られていますが、医薬品分野においても腸内ガスの駆除および胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善薬として広く使われています。

シャンプーなどに配合される場合は、

・感触改良
・皮膜形成
・消 泡

その他、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、日焼け止め製品、洗浄製品、ヘアケア製品、シート&マスク製品、ネイル製品などあらゆる製品に広く使用されています。

 

感触改良

ジメチコンは重合度の大きさにより、粘性の低いものから非常に高粘度の水飴状の外観を示すものまであります。

この中で低重合度・低分子のジメチコンは粘度が低く、油分のベタつき感を抑え、サラッとした軽い質感で、すべりや伸びに優れており、さらに他の成分が皮膚や毛髪上に広がるのを助ける働きをすることから、油分を配合するあらゆる製品に感触調整剤として広く使われています。

また、揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントにも使用されます。

 

皮膜形成

撥水性(水をはじく)に優れた皮膜を形成します。このためウォータープルーフ系製品(汗や涙、水に強く落ちにくい耐水性の製品)にも使用されます。

 

消 泡

乳化物を作る際にできる気泡を除去する目的で配合されます。

 

ちなみにシャンプーに配合されるシリコン剤の主なものを上げると

・シクロペンタシロキサン

・ジメチコール

・ジメチコン

・(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

・アモジメチコン

などがあり上に記述したシリコンは軽め、下にいくほど重めの仕上がりになります。

ちなみにシリコンは髪や頭皮に悪影響があるという話は都市伝説、全く根拠のない話です。

シリコンは、シャンプー中も、髪を乾かした後も、指通りをなめらかにする効果を発揮します。
シリコンは髪の指通りをなめらかにすることによって、シャンプー時からスタイリング時まで、髪の表面のキューティクルのダメージを軽減し、髪の流れをそろえやすくしてまとまりの良い仕上がりにする効果があります。また、適度にしっとりした感触にする効果もあります。

ジメチコンの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし-わずか
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・光毒性・光感作性:ほとんどなし

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

シリコンは髪や頭皮に悪いという、誤った都市伝説が広がっていますが、医薬品や化粧品などにも広く使われている安全な製品で、髪をコーティングし、ダメージから保護する重要な役割を持った成分です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました