加水分解酵母タンパク(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

加水分解酵母タンパクはコンディショナーによく配合されている成分で、帯電防止剤やヘアコンディショニング効果があり、髪全体をまとまりやすくします。

また、櫛通りを良くし、感触を改善、輝きとボリュームを増化させ、スタイリングしやすくする効果もあります。

そのほかにも、保湿と鎮静の効果があり、頭皮の状態を改善することが知られています。

 

加水分解酵母タンパクの特徴

酵母を加水分解したエキスに含まれるタンパク質成分です。フラボノイド、糖、ビタミン、アミノ酸の独自の混合物を含み、様々な機能を持つコンディショニング剤として美容製品などにも配合されていて、保湿、乳化安定剤として使用されます。

加水分解された酵母タンパク質は、酵母エキスと呼ばれることもあります。

 

髪の色素を作り出しているメラノサイトと呼ばれる細胞の働きを正常にする効果も期待できます。

酵母には、自然に酸に変換される糖も含まれています。これらの酸は抗酸化物質として働き、さまざまな形態の環境損傷から皮膚を保護し、コラーゲン産生を刺激すると考えられています。

加水分解タンパクに含まれる、ベータグルカンという名前の酵母糖は、環境による皮膚の損傷や反応から保護するのに役立つ皮膚の表面のすぐ下にある免疫細胞であるランゲルハンス細胞を刺激するという研究結果もあります。

 

ヘアケアにおいて、加水分解酵母タンパク質はコンディショナーによく配合されています。

帯電防止剤やヘアコンディショニング効果があり、髪全体をまとまりやすくします。

櫛通りを良くし、感触を改善、輝きとボリュームを増化させ、スタイリングしやすくする効果があります。

また、加水分解酵母タンパク質は、保湿と鎮静の効果があり、頭皮の状態を改善する効果も期待できます。

 

分類:ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤

英:Hydrolyzed Yeast Protein

 

加水分解酵母タンパクの安全性

特に安全性に関する報告はありません。

 

タイトルとURLをコピーしました