(カプリリル/カプリル)グルコシド(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)で、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有しており、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

通常はメインの洗浄成分ではなく、洗浄力や起泡性を生かして、補助の洗浄成分として配合されます。

 

(カプリリル/カプリル)グルコシドの特徴

ヤシ油、トウモロコシ、ジャガイモなどから得られる非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)です。

シャンプーなどに配合される場合は

・起泡、洗浄

・可溶化

などの目的で配合されます。

起泡、洗浄

非イオン界面活性剤でありながら、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有しており、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

通常はメインの洗浄成分ではなく、洗浄力や起泡性を生かして、補助の洗浄成分として配合されます。

可溶化

エッセンシャルオイル、香料、防腐剤の可溶化剤(油性成分を水に効果的に可溶化する)として使用されることがあります。

 

分類:洗浄剤

英:Caprylyl/Capryl Glucoside

 

(カプリリル/カプリル)グルコシドの安全性

10年以上の使用実績があり、皮膚刺激性はシャンプーなどへの配合濃度においてほとんどなし-わずかであり、皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました