セバシン酸ジエチル(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

セバシン酸ジエチルは、脂溶性が高く、ダメージ毛・健常毛における脂溶性物質の浸透促進効果があります。

軽い感触でべたつきのないさっぱりしたエステルで、主に髪のトリートメントやヘアケア製品に使用されています。

保湿作用と浸透性があることから、頭皮環境を良くし、他の脂溶性有効成分の頭皮への吸収促進効果も期待できます。

 

セバシン酸ジエチルの特徴

油溶性が高く、難溶性物質溶解に優れており、ダメージ毛・健常毛における脂溶性物質の浸透促進効果があります。

軽い感触でべたつきのないさっぱりしたエステルです。

主に髪のトリートメントやヘアケア製品に使用されています。

保湿作用と浸透性があることから、頭皮環境を良くし、他の脂溶性有効成分の頭皮への吸収促進効果も期待できます。

 

分類:香料、可塑剤、エモリエント剤、溶剤

英:Diethyl Sebacate

 

セバシン酸ジエチルの安全性

天然のヒマシ油が原料で、ヒマシ油は薬剤として古くから使用されて来た成分ですから、安全性は高いと考えられます。

EWGのデータでは発がん性、毒性、アレルギー性は無しとされています。

EWG:Diethyl Sebacate

EWG:Environment Working Group(米国の非営利環境団体)

 

タイトルとURLをコピーしました