ハイブリッドローズ花エキス(シャンプー成分辞典)

 

ハイブリッドローズ花エキスは天然のローズ(バラの花)から抽出したエキスで、香料や保湿成分として使用されます。

また抗酸化作用、抗糖化作用などにより、頭皮や肌の老化を抑え、みずみずしく保つためにも効果があります。

 

ハイブリッドローズ花エキスの特徴

天然のローズ(バラの花)エキス。フルーティな香りの香料です。

老化の原因となるコラゲナーゼやエラスターゼといった酵素活性を阻害することにより、シワなどを防ぐ効果が期待され、

抗酸化作用、抗糖化作用などにより、くすみやハリ、弾力の低下などを防ぎます。

保湿、皮膚の弾力維持、抗酸化作用、抗UV作用(美白)

 

また、ハイブリッドローズ花エキスはくすみやハリの原因となる糖化抑制だけでは無く、フリーラジカル活性酸素の抑制、コラゲナーゼ活性阻害、エラスターゼ活性阻害、リノール酸自動酸化抑制などの機能を持った成分です。

・フリーラジカル活性酸素は生命活動に必要な成分ですが、過剰に作られてしまうと、細胞が傷つき、老化が早まったり病気をもたらしてしまいます。

・コラゲナーゼは保湿物質であるコラーゲンを分解を促進してしまいます。

・エラスターゼは保湿物質のエラスチンの分解を促す物質ですから、これを押さえる事で、肌の弾力回復に効果があります。

・リノール酸は酸化されやすく、酸化されると体内で発ガンの元とされる過酸化脂質を生じやすくしてしまいます。

 

糖化とハイブリッドローズ花エキス

糖化とは、体内のタンパク質や脂質などが、糖と結合してしまう現象で、タンパク質と糖が結合する事で、AGEs(糖化最終生成物)が生成されます。

糖化は、酸化と同様に、老化現象のひとつで、AGEsについては、老化物質とされます。

 

肌を形成しているコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどは、タンパク質で出来ているため、過剰な糖があると糖化が発生し、その働きが損なわれることで、弾力性や柔軟性が減少し、しわの原因となる他、

紫外線(UV)に当たると、糖化反応を進めてしまうので、紫外線ケアが糖化抑制には重要です。

ハイブリッドローズ花エキスは、AGEsの生成を抑制する事で、頭皮や肌のハリ艶を良くして、乾燥を防ぎ、紫外線の影響を抑える効果が期待できます。

ハイブリッドローズ花エキスの安全性

 

現在の処、ハイブリッドローズ花エキスの毒性や副作用についての報告はありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました