香料(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

シャンプーや化粧品に香りをつけたり、あるいは原料臭を隠すために配合される微量成分の総称です。

様々な種類が有り、一概にいう事は出来ませんが、一般的には合成香料は香りが強く、長く香りが続く反面、天然香料に比べて頭皮などに悪影響がある可能性があります。

 

香料の特徴

シャンプーや化粧品に香りをつけたり、あるいは原料臭を隠すために配合される微量成分の総称です。

配合された香料をそれぞれ表示する事もありますが、通常は全部取りまとめて「香料」と表示されることが多いようです。

 

まとめて「香料」と表示された場合、どのような香料が配合されているかなどの情報を得ることはできません。

天然または植物由来成分が身体に良いイメージがあり、逆に合成または動物由来の成分に良くないイメージが共有されていることから、天然や植物由来成分であれば個別の成分名を記載し、合成成分は「香料」としてまとめて記載される傾向にあります。

ということで単に「香料」とあれば合成香料が配合されていると考えた方が良いでしょう。

 

香料の安全性

香料には様々なものがあり、どの成分が安全で、どの成分が安全でないかは一概に言えません。

もっとも、最近は、合成香料の強い匂いに慣れている人が増え、天然香料では物足りないと感じる人が多く、よほど配合成分に気を使っている製品でないと天然香料だけというものは少ないようです。

 

ただし、合成香料はどのような種類でも、どのような強い香りでも自由自在に合成出来る反面、身体に良くない影響を与える事があり「良い香りがするから」とか「香りが長続きする」などの理由でシャンプーを選ぶことは

場合によっては頭皮を傷めたり、アレルギー反応を起こすリスクもあることを理解しておく必要があります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました