セッケン(石ケン素地、石けん、せっけん、石鹸)(シャンプー成分事典)

 

セッケン(石けん)といえば言うまでもなく洗浄成分として有名です。そしてシャンプーにもセッケンを主な洗浄成分として使用しているものも有ります。

このセッケンの特徴や石けんシャンプーの特徴などについて解説します。

 

セッケンの特徴

セッケン(石鹸)と言えば皆さんご存知の洗浄成分(界面活性剤)です。

色々な表記法がありますが、通常

界面活性剤(成分)として表記する場合はセッケン

セッケンが主材となっている製品を「石けん(石鹸、せっけん)」と表記します。

 

セッケンは人類が数千年前から使用している界面活性剤(洗浄成分)で、アレルギー反応が起きにくいことや、下水などに流した後、比較的容易に自然分解して自然に帰ることから、自然派の人やアレルギー体質の人が好んで使う場合があります。

 

セッケンを作る場合には主に2通りの方法があり

・油脂+水酸化Na(又は水酸化K)

・高級脂肪酸+水酸化Na(又は水酸化K)

水酸化Naを用いた場合:固形石鹸(石ケン素地)

水酸化Kを用いた場合:液体石鹸(カリ石ケン素地)

となります。

 

材料となる油脂には

ヤシ油、パーム油、パーム核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、馬油

 

高級脂肪酸としては

ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸

などが一般的に使われます。

 

成分表示としては「石ケン素地」と表示される場合も有りますが

ラウリン酸Na、ミリスチン酸Na、パルミチン酸Na、パーム脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、オリーブ脂肪酸Na(水酸化Kを使用した場合はK表示:ラウリン酸Kなど)

というように表示されるほか

「水酸化Na、ラウリン酸」「水酸化K、ミスチリン酸」などのように元の成分をそれぞれ表示する場合があります。

 

シャンプーなどに配合される場合は

起泡、洗浄成分

として使用されます。

各脂肪酸を使用した場合の特徴は下表の通りとなっています。

セッケンの原料による性能の違い

 

石けんシャンプーの特徴

シャンプーは大きく分けるとメインとなる洗浄成分(界面活性剤)の種類によって高級アルコール系、アミノ酸系、そして石鹸系の3つに分かれれます。

 

石けんシャンプーの大きな特徴は、他の洗浄成分が頭皮や髪が弱酸性なのに合わせて、弱酸性に整えられているのに対して、石けんはアルカリ性であることから、シャンプー後に酸性成分が入っているリンスで頭皮や髪のpHを元に戻してやる必要があります。

特に、髪はアルカリによって、キューティクルが松ぼっくりのように逆立った状態になっていて、そのままではキシキシしますから、酸で中和して元に戻す必要があります。

 

また、アレルギーを起こしにくいとは言うものの、洗浄力は強く、頭皮や髪への刺激も高級アルコール系のシャンプーと同じように強めです。

良いシャンプーを見分けるために、3種類の洗浄成分の違いを知る。

 

セッケンの安全性

・50年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:不明
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーのような短時間の使用で、皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました