ラウラミノプロピオン酸Na(シャンプー成分事典)

 

アミノ酸型の両性界面活性剤(洗浄成分)です。刺激の少ない界面活性剤で、起泡性、コンディショニング作用、増粘作用を期待して配合されます。

低刺激で泡立ちが良いため、主としてシャンプーの洗浄主剤や助剤として使用されるほか、毛髪にコンディショニング効果を与えます。

また、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチンを安定して配合するために使用されることがあります。

 

ラウラミノプロピオン酸Naの特徴

アミノ酸型の両性界面活性剤(洗浄成分)です。刺激の少ない界面活性剤で、起泡性、コンディショニング作用、増粘作用を期待して配合されます。

低刺激で泡立ちが良いため、主としてシャンプーの洗浄主剤や助剤として使用されるほか、毛髪にコンディショニング効果を与えます。

 

また、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチンを安定して配合するために使用されることがあります。

ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(シャンプー成分事典)

 

・皮膚に対する安全性が高い

・泡立ちが良く、シャンプーの起泡剤として適している。

・サッパリ・しっとりとした風合いに仕上がる。

両性活性剤の中でも低刺激な洗浄剤で、適度な泡立ちとマイルドな洗浄力が特徴です。シャンプー、リンスボデイーシャンプーなどに使用されます。

起泡剤、洗浄剤、帯電防止剤、ヘアコンディショニング剤

 

ラウラミノプロピオン酸Naの安全性

刺激が少なく皮膚に対する安全性は高いです。

詳細は不明

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました