シャンプー成分事典

ポリクオタニウム-10(シャンプー事典)

ポリクオタニウム-10は、静電防止や保湿剤、毛髪に対するコンディショニング剤などとして広く一般に使われている成分です。 毛髪の柔軟化や滑りやすさが改善されるので主にヘアリンス製品、ヘアコンディショナー製品などに配合されます。 ...
シャンプー成分事典

ココイルグルタミン酸Na(シャンプー成分事典)

植物油(ヤシ油)から作られるアミノ酸の一種であるグルタミン酸を化合して作られる代表的なアミノ酸系の洗浄成分です。 洗浄力はマイルドで、頭皮や髪への刺激は少ない成分ですが、アミノ酸系の洗浄成分としては比較的洗浄力や泡立ちは強い方...
シャンプー成分事典

ラウロイルメチルアラニンNa(シャンプー事典)

ラウロイルメチルアラニンNaはヤシ核油やパーム油などから作られるアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)です。 アミノ酸系の洗浄成分としては比較的に洗浄力が高い成分で洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の...
未分類

ココイルグルタミン酸TEA(シャンプー成分辞典)

ココイルグルタミン酸TEAはアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)です。刺激が少なく髪や頭皮に与えるダメージは少ないですが、その分、洗浄力や泡立ちは悪くなります。洗い上がりの時に、独特のしっとり感があり、弱酸性ということもあって頭皮にダメージがあったり、バリア機能の低下した人にも安心して使用する事が出来るのが特徴
シャンプー成分事典

コカミドメチルMEA(シャンプー成分事典)

ヤシ油(植物油)から作られたシャンプーの洗浄成分(界面活性剤)です。泡立ちが良いので、補助成分として増泡剤や増粘剤、起泡剤として使われる事が多い。食器用洗剤、洗顔、ボディーシャンプー、メイク落とし、ヘアパック、トリートメント、スタイリング剤等にも使われます。
コンディショナー

アジエンスのコンディショナーふんわり弾力タイプに含まれている成分解説

アジエンスは、シャンプーした後の髪の質感がしっとりしているシャンプーです。 では、セットになっているコンディショナーの成分はどうなっているのでしょう、 アジエンスのコンディショナーふんわり弾力タイプに含まれている成分につ...
アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーはなぜコンディショナーがいらないのでしょうか

通常の市販の「高級アルコール系」のシャンプーには必ず、セットでコンディショナーやリンスが必ずついてきます。シャンプーした後の髪はぱさついていたり、キシキシしていますから髪を保護するためのリンスやコンディショナーなどは必須の物と考えている人は多いと思います。ではなぜ、アミノ酸系のシャンプーは髪を洗った後、コンディショナーなどで髪をケアする必要が無いのでしょう。
シャンプーの基礎知識

シャンプーの洗浄成分の種類は3種類、その違いと特徴は?

シャンプーは洗浄成分により大きく3つに分けられます。そして、3つの洗浄成分の特徴や違いを知るだけで、シャンプーを選ぶときに、どのシャンプーを選べば良いのか、ものすごく分かりやすくなるはずです。この3つのシャンプーの洗浄成分について、簡単にわかりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました