記事内に広告を含む場合があります。
シャンプー成分事典

コハク酸(シャンプー成分事典)

コハク酸は貝類などを始め動植物界に広く分布している有機酸で、シャンプーや化粧品に配合される場合はpH調整、収れん作用を目的に使用されます。
シャンプー成分事典

加水分解コンキオリン(シャンプー成分事典)

加水分解コンキオリンは真珠から抽出される成分で、古くから肌のケアや漢方薬にも使用されている成分です。頭皮の保湿、頭皮細胞を若々しくする作用の他、毛髪に対する手触り感・ツヤ改善作用、キューティクルのリフトアップ抑制作用なども期待出来ます。
シャンプー成分事典

ハチミツ(シャンプー成分事典)

ハチミツは食品としても有名ですが、古代から、美容のために保湿剤として使用されてきた成分です。 シャンプーに配合される場合は、頭皮柔軟化による保湿作用、配合量が多い場合は合わせて泡質改善目的にも使用されます。
シャンプー成分事典

ザクロエキス(シャンプー成分事典)

ザクロエキスはザクロの実から抽出した成分です。ザクロの実は健康や美容に良い成分を豊富に含んでおり、ポリフェノールによる抗炎症・抗酸化作用により、頭皮環境の改善に効果が期待されます。
シャンプー成分事典

リンゴ酸(シャンプー成分事典)

配合されている成分のうちpHが変化すると効果が維持出来ない成分の効果を維持するためのpH調整機能として、または固くなった皮膚の角質を柔らかくするためのピーリング作用を目的として使用されます。
シャンプー成分事典

イソデシルグリセリルエーテル(シャンプー成分事典)

イソデシルグリセリルエーテルは、イソデシルアルコールとグリセリンのモノエーテルであり、非イオン系の界面活性剤(洗浄成分)で、主に泡立ちをよくするために使用されます。
シャンプー成分事典

ラウリルヒドロキシスルタイン(シャンプー成分事典)

ラウリルヒドロキシスルタインは、界面活性剤(洗浄成分)に分類されますが、単独で使用するよりは、他の界面活性剤と併用することで、泡立ちや、洗浄力を向上させるほか、他の洗浄成分の粘りけを向上(増粘剤)させたり、刺激を緩和したりする働きがあります。
アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーはどうして価格が高いのでしょう

アミノ酸シャンプーの価格は高い?何でこんなに高いの、価格に見合うだけの価値、髪がツヤツヤになるとか、抜け毛が止まるとかというような効果があるからなのか、なぜアミノ酸シャンプーは一般の市販のシャンプーに比べて高価なのか、分析してみたいと思います。
シャンプー成分事典

ラウレス-16(シャンプー成分事典)

ラウルス-16は、洗浄成分(界面活性剤)ですが、一般的には洗浄成分としてではなく、助剤や乳化剤として使用されます。
シャンプー成分事典

ジステアリン酸グリコール(シャンプー成分事典)

ジステアリン酸グリコールはシャンプーなどの洗浄製品にパール様の光沢感を与え、粘度を上げることで、見た目の高級感を出すために使用されます。