記事内に広告を含む場合があります。
シャンプー成分事典

エタノール(シャンプー成分事典)

エタノールはいわゆるアルコールの成分で、抗菌、殺菌効果があるほか皮脂を取り除く効果が高く、頭皮の引き締め効果もあり、夏場などであれば清涼感も得られます。ただし、頭皮トラブルがあるなどの場合は、配合量が多いと刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。
シャンプー成分事典

ラウレス硫酸アンモニウム(シャンプー成分事典)

ラウレス硫酸アンモニウムは、高級アルコール系の洗浄成分で、安価で洗浄力が強いことから、市販のシャンプーのほとんどに使われている洗浄成分(界面活性剤)です。
未分類

お湯シャンのやり方と、臭いといわれる理由や対策

一般に市販されているシャンプーで髪を洗っていると、脱脂力が強すぎることから、頭皮や髪にダメージを受け、髪がべとつく、頭皮が乾燥する、フケが多くなるなどの不具合が出てきます。そんな時に試してみたいのが、お湯だけで頭を洗う「お湯シャン」。お湯シャンてどうやってやればいいのでしょう。
アミノ酸シャンプー

オーロラシャンプー(旧タイプ)(シャンプー事典)

オーロラシャンプーはバレエジャポンから販売されているアミノ酸系のシャンプーで、髪を酷使するバレリーナのために低刺激と、育毛効果を重視して作られたシャンプーです。 このオーロラシャンプーの具体的な特徴や、どういう人に向いているシャンプーなのか...
アミノ酸シャンプー

オーロラシャンプーの全成分解説

オーロラシャンプーは髪を酷使するバレリーナのために開発された、頭皮や髪に優しいアミノ酸シャンプーです。 その特徴は、育毛成分や頭皮をいたわる成分が豊富に含まれていることです。 このオーロラシャンプーに含まれている全成分について、1つずつ解説...
シャンプー成分事典

フェノキシエタノール(シャンプー成分辞典)

フェノキシエタノールは、主に抗菌、防腐剤として使用される芳香族アルコールの1種で、自然界にも存在する成分で、緑茶などにも含まれています。
シャンプー成分事典

ノバラ油/カニナバラ果実油(シャンプー成分辞典)

ノバラ油は「カニナバラ」の果実から抽出した天然の精油(エッセンシャルオイル)です。 シャンプーや化粧品として使用される場合は、エモリエント作用あるいは感触改良の目的で使用されます。
シャンプー成分事典

ラウリン酸ポリグリセリル-10(シャンプー成分辞典)

ラウリン酸ポリグリセリル-10はヤシ油やパーム核油から得られるラウリン酸とグリセリンから得られる成分で、低濃度では乳化剤として、3%以上の比較的高濃度では起泡剤や洗浄剤として使用されます。
シャンプー成分事典

ラウリン酸ポリグリセリル-2(シャンプー成分辞典)

ラウリン酸ポリグリセリル-2は食品添加物としても使われている成分で、乳化剤として配合されています。
シャンプー成分事典

キサンタンガム(シャンプー成分辞典)

トウモロコシなどのデンプンを発酵させて作られる成分で、食品などにも使われています。水に溶けやすくシャンプーに使われる場合は、シャンプー剤の粘度を上げ、泡の弾力性を向上させる目的で使用されます。