(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

シリコンをベースにペプチドが組み合わさった構造をしておりヘアコンディショニング剤として使用されます。

髪を滑らかな感触にし、指通りをよくすると共に保湿し、髪を保護する機能があります。

痛んだ毛髪への吸着性に優れ、微量で全体に、均一なコーティング膜を形成し、ダメージの防止、修復が出来、髪の感触を改善するほか、使いすぎても重くならないのが特長です。

 

(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマーの特徴

シルクと石油精製品を合成した成分

シリコンをベースにペプチドが組み合わさった構造をしておりヘアコンディショニング剤として使用されます。

シリコンと油成分を緊密に混ぜ合わせる働きが有り、髪を滑らかな感触にし、指通りをよくすると共に保湿し、髪を保護する機能があります。

痛んだ毛髪への吸着性に優れ、微量で全体に、均一なコーティング膜を形成し、ダメージの防止、修復が出来、髪の感触を改善するほか、使いすぎても重くならないのが特長

 

乳化剤としても使用され、さまざまな油剤を乳化することができます。

少量の添加でツヤを与え、しっとりした感触になるので、シャンプーやトリートメントによく配合されています。

 

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの混合物
合成ポリマー、保湿

ヘアコンディショニング剤

 

(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマーの安全性

シリコン系のコンディショニング成分のため、肌への刺激が少ないコンディショニング成分です

ただし、吸着力が強いため、汚れを吸いつけてしまい、毛穴がふさがってしまう可能性もあるので、使用後はしっかり洗い流した方が良いでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました