グリシン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

グリシンは、中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸に分類される水溶性アミノ酸です。

髪の主な成分であるケラチンの4.1%を占める成分で、保湿効果、血行促進効果、抗菌・抗酸効果、キレート作用、緩衝作用など、幅広い機能があり、代謝を向上させることで育毛にも効果が期待できることから、育毛剤や育毛シャンプーといった製品へ配合されることもあります。

 

グリシンの特徴

中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸に分類される水溶性アミノ酸です。

角質層水分量増加による保湿作用を目的に使用されます。

 

グリシンは髪の主な成分であるケラチンの4.1%を占める成分です。

保湿効果、血行促進効果、抗菌・抗酸効果、キレート作用、緩衝作用など、幅広い機能があり、代謝を向上させることで育毛にも効果が期待できることから、育毛剤や育毛シャンプーといった製品へ配合されることもあります。

食品添加物や睡眠の質を高める効果もあり、睡眠を導くサプリメント成分としても使用されています

グリシンの安全性

医薬品や食品にも幅広く使用される成分です。

・30年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:2%濃度においてわずか-軽度
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどへの品配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました