女性の薄毛、FAGAとは?原因やAGAとの違い、対策は?

薄毛を気にする女性 髪の基礎知識

 

最近は女性の薄毛、FAGAが話題に上がることも増えてきました。

FAGAとは何?男性によくあるAGAとFAGAの違いは?そして、FAGAの原因や対策について解説します。

 

女性の薄毛、FAGAとは

男性の薄毛AGAに対して、女性の薄毛のFAGAが知られるようになってきました。

FAGAはAGAに女性を表す「Female」の頭文字をつけたものです。

「Female Androgenetic Alopecia」

ところが最近の研究で男性のAGAと女性のFAGAでは症状や原因が異なることが分かってきており

FPHL(Female Pattern Hair Loss)
と呼ばれることも多くなってきています。

女性の場合は女性ホルモンの働きにより、男性に比べて薄毛は少ないとされています。

ところが加齢(閉経)やストレス、生活習慣の影響などで、女性ホルモンの分泌が減少したり、男性ホルモンの分泌が増加するなどの影響で薄毛になることがあります。

薄毛を気にする女性

AGAとFAGAの違い

男性の薄毛の原因であるAGAは主に前頭部や頭頂部など、頭部の一部が薄毛になるという特徴があります。

薄毛に悩む男性

一方、女性のFAGAは局部的に薄毛になるわけではなく、頭部全体の髪が薄くなっていくという特徴があります。

髪の成長サイクルのうち、成長期の髪が減少することで、全体的に薄毛になるほか、髪自体が細くなることで、薄毛がより目立つこともあります。

その他頭の上の方(頭頂部)での薄毛が目立つのも特徴の一つです。

毛周期(毛髪サイクル)

 

女性の薄毛、FAGAの原因

FAGAの原因ははっきりとは分かっていませんが、前の方で述べたとおり、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が関係しているとされ、その原因にも様々なものがあります。

 

加齢や出産に伴うホルモンバランスの乱れ

加齢に伴い女性ホルモンの分泌が減少してくるとともに、閉経などにより、女性ホルモンの分泌が減少します。

また、出産の前後においても女性ホルモンの分泌に大きな変動があり、これがホルモンバランスを崩してしまう場合もあります。

妊娠女性

 

ストレス

強いストレスがかかると、身体全体の血流が悪くなります。

人間の神経と身体の働きとして、ある意味自分の生存が脅かされるともいえるストレスがかかると、戦いに備えて本能的に血流を少なくして、いざというときの出血を減らそうというメカニズムが働きます。

おそらく、原始時代や、動物としての発達段階からの名残なのだと思います。

しかし、一時的なものであれば良いのですが、現代のストレスは、すぐになくなるということはなく、長期間にわたって続きますから、血流が長期間悪くなる結果

毛根に運ばれる栄養素や酸素が不足することになってしまい、これが正常な毛髪の生育に悪影響を及ぼします。

結構このストレスが髪に影響を与えることが多いです。私の知っている人で、上司とのそりが合わず、髪の毛がごっそり抜けてしまった人がいます。

髪の美しい女性

栄養不足

無理なダイエットや偏った食事により髪の毛の原料となる栄養分が足りなくなることで、髪の成長が悪くなります。

 

睡眠不足

成長ホルモンは、夜寝ているときに分泌されます。逆にしっかり睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌が滞って、髪の成長に悪影響を及ぼします。

眠れない女性

全身性の病気

鉄欠乏性貧血や膠原病、甲状腺機能低下症など、女性によくある病気が原因で抜け毛や薄毛の症状が現れることがあります。

 

遺伝

薄毛になりやすい家系というものがあるのかもしれません。遺伝ばかりでなく生活習慣や食習慣なども家族では似てきますから、そういう影響もあるかもしれません。

 

紫外線の影響

毎日長時間紫外線を浴びる環境下にあると、髪の生育に悪影響を及ぼします。

紫外線を浴びている女性

 

喫煙

タバコの煙には多くの有害物質が含まれているほか、特にニコチンは血管を収縮させる作用があるために、毛根などへの血流が減少し、髪の栄養となる成分や酸素の供給が少なくなってしまいます。

 

経口避妊薬(ピル)の服用を中止した際などに薬剤の影響により、抜け毛が増える場合がありますし、あるいは抗がん剤などの影響で脱毛する場合もあります。

 

女性の薄毛、FAGAの対策

外用薬

ミノキシジルと言えばご存じの方も多いかと思います。

AGA治療薬(発毛剤)として認められている有効成分で、女性のFAGAに対しても効果が認められています。

 

内服薬

パントガール

FAGAなど女性の薄毛治療のために服用が認められた治療薬で、ケラチンやパントテン酸カルシウム、シスチンなど髪の毛の生成に必要な栄養素が含まれていて、服用することで育毛環境を整える効果が期待できます。

 

ミノキシジル

外用薬のミノキシジルを内服薬として使用する方法です。

 

ストレス解消

ストレスは薄毛の意外な要因になっています。かといって簡単に無くならないからストレスとも言えるのですが

アロマテラピーやマインドフルネス、自分の趣味に没頭する、休日には思いっきりゆっくりする、友達と旅行に行くなど様々なストレス解消策があると思います。

ここでそれぞれを解説していても切りが無いので、ストレスを意識的に解消することも薄毛対策になるということは、心の隅に置いておくようにしましょう。

また、ストレスは不眠などの原因にもなりますから、ストレス解消は良質な睡眠をとる上でも大きな効果があります。

スィーツを食べている女性

禁煙

タバコを吸っている人は、なかなか禁煙は難しいですが、前の方で解説したとおり、喫煙は髪に悪影響がありますい、美容や健康にも害がある悪習慣ですから、できれば禁煙するよう努力しましょう。

 

シャンプーを育毛対策のものに変える

このサイトでも様々な種類の育毛系のシャンプーを紹介していますが、ありきたりの市販のシャンプーではなく育毛系のシャンプーを使用することで頭皮環境を改善することで育毛への好影響が期待できます。

特に注意するのは、一般に市販されている高級アルコール系のシャンプーは、脱脂力が強力なために、頭皮への悪影響が大きく、育毛系のシャンプーでなくても、アミノ酸系のシャンプーに変えるだけでもかなりの効果が期待できます。

シャンプーの洗浄成分の種類は3種類、その違いと特徴は?

まとめ

FAGAは女性の薄毛で、様々な原因がありますが、遺伝や、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが大きく影響します。

ご自分の環境に照らし合わせて、何が影響しているのか、あるいは思い当たる節が無い場合は、いろいろな対策を試してみることで薄毛の改善に効果が出てくるかもしれません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました