ノバラ油/カニナバラ果実油(シャンプー成分辞典)

カニナバラの実 シャンプー成分事典

 

ノバラ油は「カニナバラ」の果実から抽出した天然の精油(エッセンシャルオイル)です。

シャンプーや化粧品として使用される場合は、エモリエント作用あるいは感触改良の目的で使用されます。

 

ノバラ油/カニナバラ果実油の特徴

ノバラ油はバラの原種の1つである「カニナバラ」の果実から抽出した天然の精油(エッセンシャルオイル)です。

カニナバラの花

別名カニナバラ果実油

カニナバラの果実の別名は「ローズヒップ」

 

保湿効果に優れており、肌のキメを整え乾燥から守ります。

抗菌・消炎効果もあるため肌を清潔に保ちます。

 

ヒーリング、整肌効果があると言われており、またバラの香りによるリラックス効果も期待されます。

北ヨーロッパでは古くから乾燥させたローズヒップの果実をハーブティーにして美容と健康維持のために飲んでおり、日本でもビタミンC摂取などを目的に飲料や健康食品として利用されています.

シャンプーや化粧品として使用される場合は

・エモリエント作用

・感触改良

などの目的でシャンプーやスキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、リップ製品、ネイル製品などに幅広く使用されます。

 

エモリエント作用:水分の蒸散を防止し、肌などが水分をたっぷり含んでうるおいに満ちた柔らかい状態をいい、角質層の水分が蒸発しないように、頭皮や肌の表面に皮脂膜を張る作用のことをいいます。

感触改良に関しては、髪や肌への、なじみや伸びに優れ、ベタつきのないサラッとした軽い使用感を付与することからヘアケア製品やスキンケア化粧品に幅広く使用されています。

 

分類:皮膚コンディショニング剤

英:Rosa Canina Fruit Oil

カニナバラの実

ノバラ油/カニナバラ果実油の安全性

食品にも使われている成分で、化粧品にも10年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました