リンゴ果実培養細胞エキス(シャンプー成分辞典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

リンゴ果実培養細胞エキスは西洋リンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞の培養物から得られるエキスです。

人の皮膚幹細胞の働きを高め、肌のシワを減らすことが実証されており、培養物に含まれる代謝物には皮膚細胞の寿命を延ばす成分が多く含まれていて、注目のアンチエイジング成分です。

頭皮細胞に働きかけ老化を遅らせる働きが期待されることから、衰えた毛母細胞やメラノサイト細胞を活性する目的で、育毛シャンプーやヘアケア製品に使用されています。

 

 

リンゴ果実培養細胞エキスの特徴

リンゴ果実培養細胞エキスはスイス産の西洋リンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー:Uttwiler Spatlauber」の幹細胞の培養物から得られるエキスです。

植物性の栄養素、タンパク質、長寿細胞が豊富に含まれていて、長期保存できるという特徴があります。

 

表皮幹細胞と真皮幹細胞に栄養を与え、表皮と真皮の再生能力を助けることで、皮膚の老化を防ぎます。

頭皮に使用することで毛髪を成長させるための刺激を与え、毛包の老化を抑えます。

化粧品などでスキンケアに使用する場合はシワと張りの改善に効果が期待されます。

抗酸化作用が高く、頭皮細胞に働きかけ老化を遅らせる働きが期待されることから、衰えた毛母細胞やメラノサイト細胞を活性する目的で、育毛シャンプーやヘアケア製品に使用されています。

 

皮膚コンディショニング剤

 

リンゴ果実培養細胞エキスの安全性

一般に活用されるようになってからまだ日が浅く、正確には分かっていませんが、特に安全性に問題となるような成分ではありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました